2010年08月06日

トマトと白神の酵母菌

一昨日、家の畑のトマトが、消費しきれなくなってきたので、
なんか作るかー、と思い立って、
トマトの天然酵母を作ってみることにした。

作り方は、教室では、とりあえずテキストで一通り教えてもらっただけで、
実践ではやってないので、ちょっと手探りではあるが。


CAHKJ9SP.jpg


トマトをミキサーして、水あめで糖度を調節。
分量などは決まってないし、
種にするフルーツなどの糖度でも変わってくるので、
とにかく自分の舌だけが頼り。

味見してる内に、だんだん訳がわからんちんになってくるが、
こんなもんだろーって所で密封。

液が30℃になるように置いておく。
今は部屋にほぼ放置でいいので楽チン。

そして一晩たったら、なんとまぁ!


CAXY7GN3.jpg


キレイに分離して、いい感じのアルコール臭もする。
初めてにしては良い出来なんでないの〜?と、自画自賛。

なんか育ってる感じがワクワクしますな。飼ってる感覚。
このまま放置で明日から、エサやりします。うひひ



そして先日、白神こだま酵母も買ってみた。

CA1WB090.jpg

白神山地のブナ林の腐葉土から生まれた、自然の酵母。
ただ、元種から起こさない酵母は「天然酵母」とは言わないらしい。
その辺、よく分からんけど、
まぁ、よく売られているイーストとは違う、天然モノらしい。

パン教室で一緒の方から初めて聞いて知って、興味津々。
皆さん、ほんとにいろいろ詳しくて、勉強になるわー。

白神山地の豪雪地帯で育った酵母は、低温に強く、
冷凍しても菌がほとんど死なないそうだ。
なので、一次発酵後に、生地を冷凍できる。
日常的に焼きたてパンを食べたい人にはうってつけ。
国産小麦粉によくなじむそう。それも一緒に買ってみた。

天然酵母のように手間がかからない上に、
ソフトな「ふつう」のパンが焼けるので、
アレルギーなどあって、ナチュラルなパンが食べたい人にも向いてるかも。

で、焼いてみた。

CA7Z1NVF.jpg

天然酵母のエサ用に、油脂を使わないパン粉が欲しかったのもあって、
油脂の入ってない、シンプルなプチパンを焼いてみた。


うん、ふつうだ(笑)。


ただ、発酵力が強いので、短時間で仕上がるし、
なにより、「相談タイム」をきちんと取れば、
格段に生地が扱いやすくなるのがおもしろい。

インスタントドライイーストの感覚で使えるので、これはお手軽だなー。

でも今回ベンチタイムの温度がちょっと高かったかも。
クープの開きがイマイチになってしまった。

同じ生地で、クルミ入りも焼いてみた。

CA92YYO0.jpg

切り込み適当すぎで、こっちもイマイチですな。
レシピも、くるみパンのレシピじゃないので、
なんかとぼけた味になってしまった。

初めて買った国産強力粉もイマイチだったのかも。
粉もいろいろ食べてみないと分からんですな。
posted by tazzy at 04:00| マイアミ ☀| Comment(0) | 試作など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。